高品質なデザイン住宅をご提案するR+houseの特色である住宅性能についてお話します。

ZEH基準を超える高性能

  • HOME
  • ZEH基準を超える高性能

住宅性能にとことんこだわったR+houseの家

デザイン性やお求めやすさだけが、「R+house(アールプラスハウス)」の魅力ではありません。国が定める「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」基準を大きくしのぐ省エネ性能や、それを支える高気密・高断熱性能、独自のパネル工法による耐震性・耐久性の高さもR+houseの魅力です。こちらでは、R+houseの住宅性能について詳しくお話します。

なお、鹿児島北部でR+houseの家づくりをご提案できるのは、加盟工務店の「R+house鹿児島北」だけです。

R+houseが考える“快適な家” とは

「夏は涼しく、冬は暖かい家」を可能にするのは高気密・高断熱性能

「夏は涼しく、冬は暖かい家」を可能にするのは高気密・高断熱性能

快適な住まいがどういうものかは、人によって考えに違いがあるかもしれません。ただ、基本的には季節や時間帯を問わず、過ごしやすい室温が維持されている家と言ってよいでしょう。言い換えれば「夏は涼しく、冬は暖かい家」です。こうした環境を可能にするのが、高気密・高断熱性に代表される住宅性能です。

住宅の気密性や断熱性が高いレベルで保たれていれば、外気温の変化に室温が影響されにくくなり、快適なだけでなくエアコンの稼働も抑えられ省エネ住宅になります。なお、R+houseがご提案する住まいは、すべて改正次世代創エネ基準や2030年に住宅の標準的な基準とされるZEH基準を大幅にしのいでいます。

ZEH(ゼッチ)とはエネルギーの自給自足を実現するシステム

通常、私たちは電力会社から電気を購入しています。そのため、夏場や冬場など、エアコンがフル稼働する季節にはどうしても電力消費が大きくなり、電気代も高額になってしまうでしょう。しかし、建物の高気密・高断熱性能を高めれば、年間の消費エネルギー量の収支を実質プラスマイナス「ゼロ」にできます。「ZEH」とは、こうした電力消費を実質ゼロにする家のことです。

高気密・高断熱・計画換気にとことんこだわった家

高気密性:すき間風が入りにくい家

高気密性:すき間風が入りにくい家

すき間風が生じる家は気密性が低く、室内と屋外で空気と熱がつねに行き来しています。これでは、エアコンの稼働率が上がるだけで快適な住まいにはならないでしょう。一方で、高気密な家はすき間風が入りにくく熱の行き来も制限されるため、室温への影響を最小限に抑えることができます。

高気密性の指標となる「C値」

高気密性の指標となる「C値」

すき間風の入りにくさを示す性能は、「C値」という指標で表されます。これは1㎡あたりにどれだけのすき間があるかを端的に示すものです。国が掲げる目標値は「5」であり、1㎡あたり5㎠ですが、R+houseが建てる家は平均で1.0となっており、国が掲げる目標値の1/5と、大変優れた数値になっています。

高気密性の指標となる「C値」

高断熱の指標となる「Q値」と「UA」値

高断熱の指標となる「Q値」と「UA」値

気密性同様、断熱性を表す指標も存在します。それが「Q値」「UA値」と呼ばれるものです。どちらも熱の逃げにくさを示すもので、「Q 値」は熱損失係数、「UA値」は外皮平均熱貫流率を表します。どちらも、数字が小さいほど優秀と言えるでしょう。

ちなみに、断熱性能については国が定める「長期優良住宅の数値」が一つの目安となりますが、R+houseの家はそれを大幅にしのいでいます。また、UA値については一般のZEH住宅と比べても、優秀な値を示しているのが特徴です。

Q値(熱損失係数) UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅 2.7 0.87
一般のZEH住宅 0.6
R+houseの家 1.9 0.56
高断熱性

たとえすき間風の少ない家=気密性の高い家でも、熱自体は壁面や開口部(窓)を通じて室内と屋外を行き来してしまいます。これを回避する策が、建物の高断熱化です。R+houseでは、独自の断熱材を採用し、壁面構造などを見直すことで、室内・屋外間の熱交換を最小限に抑えています。

室内の水蒸気や空気を循環させ、快適な環境をつくる計画換気システム

単純に高気密・高断熱性能を追求しただけでは、必ずしも快適な家にはなりません。大事なのは、建物内の空気や水蒸気を循環させ、つねに新鮮な空気を内部に取り入れながら、カビやダニ発生の原因となる湿気を屋外に排出することです。その両方を同時に実現するのが、「計画換気システム」となります。R+houseの家づくりでは、住まいの快適性を追求するため、高気密・高断熱性能の向上だけでなく、計画換気システムの導入も積極的に図っています。

構造専門の設計士が耐震性を全数チェック

構造専門の設計士が耐震性を全数チェック

理論値では十分な耐震性が確保できていても、完成した建物が実際にその数値通りの性能を示すかどうかは、検査しなければ判明しません。そこで、R+houseの家づくりでは、構造軀体が完成次第、構造専門の設計士が強度の検査を実施。耐震性がR+house基準達成を満たしているかどうか、厳密にチェックします。

“面”全体で力を支えるパネル工法で“地震に強い家”

“面”全体で力を支えるパネル工法で“地震に強い家”

R+houseの家は、一般の木造住宅で用いられる在来軸組工法ではなく、独自の木質パネルを使った「R+パネル」で建物を面で支える、「パネル工法」を採用しています。壁と床が一体となった「面」で全体を支える構造となるため、家の荷重はもちろん地震や風などによる外力をスムーズに分散できます。耐震性だけでなく、耐風性もハイレベルな性能となっているのは間違いないでしょう。

家を守る計画換気(24時間換気)

家を守る計画換気(24時間換気)

高気密・高断熱住宅は、それだけで完ぺきとは言えません。密閉性を高まることで室内の湿度も高まれば、結露が生じやすくなり、壁や柱などを構成する木材を腐らせるリスクもあります。また、鉄部にサビが生じると建物の強度が落ち、耐震性や耐久性の低下を招いてしまうでしょう。そうなると、災害時には倒壊のリスクが高まります。

こうしたデメリットを解消するのが、計画換気システム(24時間換気)です。外気の出入り口を確保して、新鮮な空気だけを建物内に取り入れ、汚れた空気を屋外に排出します。これにより、居住空間の温度・湿度が安定するだけでなく、結露による構造軀体や鉄部の腐食も防いでくれるでしょう。

ZEH(ゼッチ)の取組について

ZEH(ゼッチ)の取組について

住宅性能を追求するR+houseでは、2021年のZEH普及率00%以上を目標に掲げています。なお、実績としては2018年度20%、2019年度20%、2020年度00%を達成。また、2019年度普及率実績は、ZEH0%、Nearly ZEH0%、合計0%、BELS普及率実績は0%となっています。

AskDoctors評価サービスによる認定取得について

AskDoctors評価サービスによる認定取得について

エムスリーの会員医師(内科)100名を対象とした調査では、周囲の人への「R+house」推奨意向が89%でした。つまり、89%のお医者様が、R+houseをおすすめしていることになります。
※調査時期:2018年10月 調査対象:医師(内科)100名 AskDoctors調べ

PICK UP!土地選びもご相談ください!

土地選びもご相談ください!

「R+house鹿児島北」を運営する株式会社アイランドホームは、鹿児島市、霧島市、姶良市で長らく土地売買などの不動産業を営んできたため、お客様のご要望・ご予算に適した物件をご案内できる点が強みです。
私たちスタッフは住まいのアドバイザーとしてはもちろん、不動産業のプロフェッショナルという面も持ち合わせており、インターネットに載っていない、流通していない物件もお探しできます。
また住まいのプランナーという立場から建物の規模や間取りなどにマッチした土地をセレクトできるので、より安心できます。
土地探し、土地選びを検討中なら、「株式会社アイランドホーム」にお任せください。

家づくり勉強会・相談会・完成見学会に参加しませんか?

家づくり勉強会・相談会・完成見学会に参加しませんか?

「R+house鹿児島北」では、「マイホーム購入が初めて」な方でも安心して家づくりに臨んでいただけるよう、「賢い家づくり勉強会」や「完成見学会」「個別無料相談会」「個別資金相談」などの機会を設け、すべてのお客様に適切なアドバイスをしています。

「賢い家づくり勉強会」は、文字通り「家づくり入門編」と言うべき内容です。R+houseの家づくりのアウトラインや資金計画の正しい考え方について、分かりやすくレクチャーしてもらえます。

「完成見学会」は、施主様のご厚意を得てお引き渡し前のお住まいを公開するイベントです。家具などが入る前の状態なので、インテリアや間取りの様子が手に取るようにわかるでしょう。

「個別無料相談会」「個別資金相談」などは、“個別”という名が示すように、お客様と当社担当による面談方式の相談会です。個別無料相談会は家づくりを進めるうえで発生する疑問点、不明点を解消するのに役立つでしょう。個別資金相談は、住宅ローンの借り入れ・返済のシミュレーションを中心に、有益なアドバイスを受けることができます。

いずれも、家づくり初心者の方にとってはまたとない貴重な機会となるでしょう。参加お申し込みはお電話だけでなくオンライン(専用のメールフォーム)からも可能です。ぜひ、奮ってご参加ください。