鹿児島で暮らしを楽しめる家づくりの実現にはお庭が大切!|高品質なデザイン住宅をご提案する「アイランドホーム」

スタッフブログ

鹿児島で暮らしを楽しめる家づくりの実現にはお庭が大切!

鹿児島で暮らしを楽しめる家づくりの実現にはお庭が大切!

 

こんにちは!

アイランドホームの山口です♪

 

鹿児島市のベッドタウンとして人気の姶良地区でモデルハウスが完成しました!👏

 

平家でとても広がりを感じることができる建物です♪

設計を担当したのは女性の建築家✨

女性目線で造られたプランや配慮は素晴らしいです!

ぜひ見に来てくださいね😊

 

そして、今回のモデルハウスは建物だけでなくお庭にもこだわってつくりました。🌿

お家の印象をグッとスタイリッシュに仕上げることと暮らし

をより楽しんでもらうことを目的にお庭はつくっています!

建物の正面にハナミズキを植えることでお家を引き立たせる

カッコよさに加えて、緑があることでぬくもりを感じること

ができます。

玄関脇にはローズマリーを植えて心地よい香りが出迎えて

くれます。そして、アプローチは大きめの石敷きで自然

な感じを保ちつつ全体を引き締めます。

建物を正面に見た右手側にはキッチンガーデンと水場をつくりました。

木枠にて区切ることでデザイン性を高めるとともに範囲が

限定されるため気軽に家庭菜園を楽しむことができます。

野菜を育てて自家製サラダを作ったり、ハーブを栽培して

お客様が来たときにハーブティーを出したり、いつでも

摘み立ての野菜、ハーブを楽しめます。ジューンベリー、

ワイルドストロベリー、鉢植えのブルーベリーの収穫も

楽しみの一つです。わくわくする体験を通じて、

お子様の豊かな心を育むお手伝いができればと思います。

そして、立位で使用できるコンクリートのシンプルな水場が

ガーデニングをもっと楽しくしてくれます。

建物を正面に見て左手側では暮らしを楽しんでもらいたいと思います。

走ったり寝ころんだりできる芝生のお庭です。ミニテントや

テーブルを並べればお庭での遊びが始まります。

お天気の良い休日には、ウッドデッキに出て朝食をいただいた

り、芝庭を裸足で歩いたりお子様とお砂場で遊んだり、様々な

シーンを描けます♪

暮らしを楽しんでいる風景を左端に植えたコバンモチがあたたかく見守ってくれます。

フロントガーデン全体、地元の石を使ってつくったガビオン石積

みを中心に緑の緩衝帯をつくって、建物との調和がとれ美しい街

並みづくりにつなげることを意識しています!

駐車スペースは車を止めていないときも家が美しく見えるよう、

お庭の一部としてデザインしています。単調にならないように、

コンクリートレンガ一列敷でリズムを持たせました。奥には綺麗

な花を咲かせるイジュとハクサンボクを植えています。お家の中

の書斎からもウッドフェンス越しにも楽しめます♪

細かくお庭づくりに込めた想いを書きましたが、

 

 

 

百聞は一見に如かず、

 

 

 

是非とも10月2日(土)-3日(日) GRAND OPENを迎えるモデルハウスの見学にお越しいただければと思います✨

 

 

お家は幸せな家庭を育む場所です。主役である家庭という言葉は

「家」と「庭」と書きます。その字の通り

家と庭の調和から豊かな暮らしが生まれます。

 

 

 

 

お庭・外構を建物の付帯工事と捉えてしまってお庭づくりを

後回しにされているケースが散見されます。

素敵な建物を建築されても、お家の顔であるお庭・外構が

残念な状態は、カッコいいシャツを着たのにジャケットが

みすぼらしいお洋服を着ていることと同じではないでしょうか。。。

 

 

 

 

そして、見た目だけでなく庭のある暮らしを楽しんでいただきたいと思っています。

 

 

 

 

庭は小さな自然

 

 

 

 

『お庭から日々小さな幸せに気づく自分でいたい。

そしてその小さな小さな幸せを多くの人に感じてもらいたい。』

と思ってお庭づくりをしました。みなさんにも四季を通して小さ

な幸せをいっぱい感じて暮らしてほしいです。

ガーデニングの楽しさだけでなく、庭のある暮らしから広がる

料理もファッションもインテリアも旅も楽しみが尽きることは

ありません。例えば庭の花を摘んでテーブルに飾る、そのお花

を見て「きれいだな」って思った瞬間、

ちょっとだけ優しい気持ちになれる気がします。

 

 

 

こんな風に庭のある暮らしから始まる、「ちょっとだけ」

豊かになるような暮らしを庭からの素敵な贈り物を多くの人に

届けたいと考えています。

 

 

お庭のみの施工も行っています♪

ご興味のある方はアイランドホームまでお気軽にお問い合わせください。

 

>> コラム更新者 スタッフ