【R+コラム】日本の住宅って寿命が短い!?|高品質なデザイン住宅をご提案する「R+house鹿児島北」

スタッフブログ

【R+コラム】日本の住宅って寿命が短い!?

皆様、こんにちは!

R+house鹿児島北店の山口でございます!

 

今日はですね、まずこれを見ていいただきたいんですけど、

どどん!ψ(`∇´)ψ

 

…社会の授業とかにでてきそうなグラフですね笑

これは、住宅が何年で壊されているか、日本とアメリカとイギリスを比べたものなんです。つまり、各国のマイホームの寿命を比較したものなんです!

イギリス77年…アメリカ55年…日本…30年…

 

むむ!(;´д`)ゞ

 

実は、このグラフからわかることは…

日本は先進国の中でもお家の性能が低めの国

ってことなんです!

 

 

意外じゃないですか(⊙x⊙;)

海外のおうちってなんか古いイメージもありますけど、

意外と数字を拾っていきますと日本のおうちって長持ち

しないんですよね。長寿の国なのにですね。(;´д`)

 

 

実はですね、

「お家の寿命が低い=お家の性能がかなり低い」

ってことなんです。

 

 

今は人生100年時代とか、エコロジーとか持続可能な社会

とかサスティナブルとかセッズとかいろいろいわれているのに、

数千万の高い買い物が30年しか持たないなんであり得ない

ですよね。。

 

だからこそ今後家を建てるときは「性能」が大切なのです!

( •̀ ω •́ )✧

 

どうしたら寿命の長いお家を作れるか、

気になる方はR+house鹿児島北店までお問合せください!

 

>> コラム更新者 スタッフ